日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

グルメ

ぎおん徳屋の待ち時間,整理券,混雑行列は?かき氷メニュー,アクセス店舗情報

更新日:




これからの暑い時期、食べたくなるものと言えば「かき氷」ですよね。

 

京都にはかき氷の有名店が続々と増え、行列が絶えないお店もあります。

 

かき氷激戦都市・京都の中でも、今回は「ぎおん徳屋」さんにスポットを当て、詳しく調べてみることにしました。

 

一体どんなかき氷が食べられるのでしょうか♪

スポンサードリンク

 

ぎおん徳屋はどんなお店?

引用 公式HP

京都の人気観光スポットの中でも、観光客の方に大変人気がある祇園花見小路通りに「ぎおん徳屋」さんはあります。

 

ここは芸舞妓さんが行き交い、老舗の料亭や甘味処が軒を連ねている京都屈指の花街です。

 

 

「ぎおん徳屋」さんと言えば、上質の国産本わらび粉と和三盆で丁寧に練り上げる「徳屋の本わらびもち」(1,200円)で名高い甘味処として有名ですよね。

 

このとろけるような口当たりの本わらびもちを求め、全国各地から訪れる方々で季節を問わず連日行列ができているほどです。

 

引用 公式HP

お箸でつまみ上げるとこのようにトロッとした弾力ある仕上がりです。

 

この食感に最初は驚きますが、次第にやみつきになっていくそうです!

スポンサードリンク

ぎおん徳屋のかき氷メニューはどんなものがある?

ぎおん徳屋さんでは、通年メニューと、季節限定メニューの2種類が用意されています。

 

 

まず、夏季限定メニューのかき氷はこちら

引用 公式HP

京番茶と氷砂糖のみで、さっぱりとした味に仕上げた「お番茶のかき氷」900円

 

お番茶のシロップをかき氷にまわしかけていただきます。

 

はちみつ漬けのレモンとお番茶を合わせれば、レモンティーとしても楽しめるかき氷です。

 

 

シンプルなトッピングであればあるほど、素材の良さが際立ち、どんな世代の方にも楽しめるかき氷だと思います。

 

 

続いて、季節限定メニューのかき氷はこちら

引用 Twitter

特製イチゴミルクのシロップと練乳をかけていただく「いちごづくし」1,300円

 

ハート形にカットされたいちごが、なんとも可愛らしいですよね!

 

 

これは女性なら誰もが心惹かれるメニューだと思います。

 

 

こちらは数量限定で売り切れ次第終了なので、注文できた方はラッキーですね!

 

季節限定と書かれているのですが、具体的な期間までは明記されていません。

 

実際に食べられた方の書き込みを調査してみると、4月初旬~5月中旬にかけて食べられた方がほとんどですので、イチゴの旬な時期であるこの季節の間だけのようです。

 

この時期に、いちごづくしを食べに行きたい方は、できることなら4月中の開店前に到着されるほうが無難かもしれませんね。

 

 

そして、通年メニューはこちら

引用 公式HP

「特上抹茶宇治金時」1,300円

 

京都の老舗茶舗の柳桜園さんの抹茶を使用した抹茶シロップをかけていただきます。

 

中には、つぶあんと白玉団子が隠れています。

 

かき氷の頂上には贅沢にも金粉がかけられています。

 

 

他の通年メニューはこちら

「自家製練乳金時つぶあん白玉入り」1,200円

「自家製練乳氷」900円

「黒みつかき氷」900円

 

ぎおん徳屋の待ち時間や、整理券、混雑具合は?

少し前述しましたが、ぎおん徳屋さんは全国各地から訪れる人で季節を問わず連日大盛況です。

 

今の暑い季節、かき氷を求めて訪れる人の行列で、特に土日は最長2時間待ちになることも

 

今のところ、ぎおん徳屋さんでは、整理券を配布するシステムはありません

 

 

では、比較的空いている時間帯や曜日などを調べてみると、

 

 

 

 

オープン前から行かれると、比較的早く入店できるようですね!

 

また、平日の夕方は並ばずに入れた方もいます。

 

 

ただ、オープン前に行かれる方も多いようなので、行かれる方は、

オープン前のできるだけ早めの時間(11時頃)か、平日の夕方(15.16時頃)

がおすすめですね !

 

閉店前にいくと、もしかしたら売り切れになっているメニューもあるかもしれませんので、ご注意ください。

 

 

ただ、近年のかき氷ブームに加えて、今月7月の京都は年に一度の京都最大級のお祭り「祇園祭」の季節です。

 

 

7月中は祇園花見小路通りも多くの観光客の方がより増える時期だと思いますので、

 

おススメは、9月の平日になってから行かれるほうが比較的落ち着いて入店できるかもしれませんね。

 

ぎおん徳屋へのアクセスは?

引用 Twitter

ぎおん徳屋さんは、祇園花見小路通りの東側にあります。

 

 

この周辺は、京都の中でも風情ある町家造りの料亭や甘味処がたくさんありますので、細い小道の奥にまで入って老舗の甘味処を巡るのもおすすめです。

 

住所 京都府京都市東山区祇園町南側570-127
営業時間 12:00~18:00
TEL 075-561-5554
Mail info@gion-tokuya.jp
公式HP http://gion-tokuya.jp/index.html
※予約不可
※売り切れ次第終了になることもあり

 

 

近頃では、この近辺の芸舞妓さんへの観光客のマナーが問題に挙げられているニュースを目にされた方も多いかもしれませんね。

 

祇園花見小路通りが観光客の方で賑わうのはとても良いことですが、今後、更にマナー問題がエスカレートして規制がさらに厳しくならないように、京都の格式高い祇園の花街の風情を守っていきたいものですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

「ぎおん徳屋」さんは、上質なわらび粉を使った「本わらびもち」で有名な祇園花見小路通りの老舗甘味処で、季節を問わず行列ができる人気店です。

 

夏季限定のかき氷から、年中食べられるかき氷まであり、人気の季節にはオープン前から行列ができることもあります。

 

整理券はありませんので、行かれる方は、平日のオープン前か、平日の夕方ごろに行かれるのがおススメです。

 

本わらびもちと同様、かき氷のシロップの素材にもこだわったものを使い、幅広い年齢層の方に受け入れられているかき氷、ぜひ一度味わってみて下さい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



-グルメ

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.