日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

スポーツ

奥川恭伸星稜の練習トレーニング方法は?ドラフト1位候補の凄さや理由も!

投稿日:




星稜高校の奥川恭伸は、2019年のドラフト1位候補の呼び声高い選手です。

 

記憶に新しい今年の選抜では、1回戦履正社高校相手に17奪三振、の投球を披露。

 

MAX151キロは、プロのスカウト達をうなさせました。

 

各地全国高等学校選手権大会の地方予選が続々開催される中、いよいよ“夏の甲子園”がスタートしたんだな”と思うと、昨年夏の甲子園で活躍した星稜高校のエース、奥川恭伸投手のことが気になります。

 

そんな奥川恭伸選手の、これまでの戦績を振りかえってみましょう。

スポンサードリンク

 

奥川恭伸のプロフィールと経歴

引用:www.sankei.com

名前——奥川恭伸 (おくがわ やすのぶ)

生年月日–2001年4月16日生まれ

出身地—-石川県かほく市

出身中学–かほく市立宇ノ木中学校

身長——181cm

体重——78㎏

家族構成–両親、兄

 

 

星稜高校に入学してから、1年生の春で公式戦初登板。

 

1年生の秋には既に、エースナンバーを背負う力量の持ち主です。

 

“将来の夢はプロ野球選手”と、もうすでに、気持ちはプロで活躍することをイメージしていたのでしょうね。

 

 

【2018年選抜高校野球大会成績】

2回戦:富島戦 2-11で勝利

3回戦:近江戦 3-4で勝利

準々決勝:三重戦 14-9で敗退

【個人成績】

全3試合で16イニング登板

被安打:13

奪三振:11

四死球:8

自責点:3

 

 

【夏の甲子園大会2018】

1回戦:藤蔭戦 4-9で勝利

2回戦:済美戦 11-13で敗退

【個人成績】

全2試合で12イニング登板

被安打:11

奪三振:11

四死球:1

自責点:5

 

 

【明治神宮大会2018】

▽準々決勝 広陵戦 9-0で勝利

個人成績⇒7回 78球 23打者 3安打 11三振 0四死球 0自責点

▽準決勝 高松商戦 7-4で勝利

個人成績⇒7回 100球 28打者 4安打 12三振 0四死球 0自責点

▽決勝 札幌大谷戦 2-1で敗退

個人成績⇒1回1/3 19球 4打者 0安打 3三振 0四死球 0自責点

 

 

2019年のセンバツ初戦の履正社戦で、3安打完封、毎回の17三振を奪い3-0で勝利。

次戦の習志野との試合でに1-3と敗れました。

 

 

奥川選手は「習志野は、コンパクトなスイングで粘り強い打撃でした。

低めのスライダーを振ってくれず、研究してきている感じ。課題は山積み。

自分を見つめなおして、成長していきたい」とコメント。

スポンサードリンク

奥川恭伸の中学時代の実績は?

中学3年生の時に、「中学校軟式野球大会」で優勝しています。

 

この時に、バッテリーを組んだ、山瀬慎之助捕手とは、小学4年生の時に出会い、現在でもバッテリーを組んでいます。

 

中学時代から心がけてきたというのは「常に笑顔でいること」。

 

その理由について「観客やいろんな人を味方につけられる。野手の人にも安心感を与えられるから」だそうです。

 

現在メジャーで、活躍している大谷翔平選手のようなコメントですね。

 

とても謙虚です。

奥川恭伸の練習・トレーニング方法は?

奥川選手のトレーニング方法がユニークなので、ご紹介します。

 

それは、毎日、学校に通っている電車の中で、バインダークリップを指先でつまむトレーニングをしているとのことです。

 

これは、直球の質をさらに高めるトレーニングのようで、指先にボールがひっかかる感覚をつかみ、ボールの回転数をあげることができるといいます。

 

自分で開発したのか?人に言われたのか?定かではありませんが、身の回りの物を、応用してしまうところは“さすが”の一言です。

 

また、選抜出場前に習得したフォークボールは、このトレーニングによって生まれ、球種の習得に一役買っているようです。

奥川恭伸はなぜドラフト1位候補なの?

2018年夏の甲子園、藤陰高校戦では150キロのストレートを計測し、どんどん球速がアップしていることが分かります。

 

奥川恭伸の150キロを計測したときの動画がこちらです。

 

※甲子園の大会記録の最速は155キロでした。

 

ドラフト1位候補の理由についてですが、2019年選抜の1回戦、履正社戦での12球団のスカウトの評価が、分かりやすいのでご紹介します。

 

残念ながら習志野戦で敗れ、課題が残る投球内容でしたが、その評価が変わることはないと思われます。

 

 

【履正社戦後の12球団のスカウトの評価】

  • 西武渡辺GM

試合をコントロールする力があり、球に力がある。フォークの落差もすごく、将来的に日本を代表する投手になり可能性大。

 

  • ソフトバンク福山アマスカウトチーフ

ゲームメーク能力が高く、田中将大投手の高校時代と変らない能力の高さがある。

 

  • 日本ハム大渕スカウト部長

完成度が高いし、本当にいい投手なので、コメントは、あまりありません。

 

  • オリックス谷口スカウト

好投手の履正社、清水君と比べると、奥川君のスケールの大きさに、「大人と子どもの違い」を感じてしまう。

 

  • ロッテ松本球団本部長

直球の伸び、スライダーのキレどれをとっても、高校生離れしている。レベルが違う。
普通は夏に飛び抜けるものだが、春のこの時期に、これだけ投げられることにびっくり。

 

  • 楽天後関スカウト部長

自分のスタイルを持って投球していた。制球力があり自滅しない。ある程度、強弱もつけられるから、力を入れるポイントが分かっている。
センスを感じました。

 

  • 広島高山スカウト

腕が遅れて出てきてしかもスピードがあるので打者は振ってしまう。
今日は少し高めにぬける球もあったが、夏まで高めの抜け玉を修正出来れば、もっと伸びそうな選手。

 

  • ヤクルト橿渕スカウトグループデスク

真っすぐは抜群。変化球も、曲がりの遅いスライダーが特に印象に残りました。
将来が楽しみな投手ですね。

 

  • 巨人長谷川スカウト部長

上体の使い方が上手く、投げるときの瞬発力を発揮するのがうまい。
コントロール、玉のキレ、スピードは一級品。

 

  • DeNA吉田スカウト部長

素直なフォームで、これから鍛えていけば、もいっともっとスピードが上がる。

 

  • 中日音スカウト

(星稜OBはやや厳しめのコメント)

初戦にしては、まあまあかな。四球を出さないところが良い。
いろいろな球種を試していたようだが、これから夏に向けて、まだまだ状態は上がると思う。

 

  • 阪神筒井スカウト

前評判通りの投球ができていた。打者への入り方を研究したのか、頭がいい投手だと感じました。

 

今年の6月16日東海大相模との練習試合で、5失点しながらも、12奪三振の力投。

という動画があります。

 

この動画では、落差の大きい球種の球筋が良く分かり、

見やすいのでぜひご覧ください。

 

まとめ

まじめで謙虚なコメントが目に付く印象の奥川選手ですね。

 

星稜高校・林和成監督も奥川選手評は、「謙虚で真面目、注目されても、決して天狗にならない性格が良い」といいます。

 

その点、星稜OBの松井秀喜さんの性格と良く似ている」といいます。

 

※林監督は、その松井秀喜さんの1学年後輩です。91年夏の甲子園、松井さんの「5打席連続敬遠」のときの2番ショートでした。

 

 

監督も認める、性格の良さ、潜在能力充分となれば、プロのスカウトがほっておく訳ありませんね。

スポンサードリンク



-スポーツ

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.