日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

人物

新津春子の結婚相手(夫)や子供,年収は?清掃方法がスゴイと話題に!

投稿日:




7月2日NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、羽田空港で働く伝説の清掃員新津春子(にいつ はるこ)さんが紹介されます。

 

実は4年前にも同番組で紹介された新津さん。

 

何が“伝説の清掃員”なのかといいますと、6年間で5回「世界一清潔な空港」に選ばれ、その実績が話題になっているからなんです。

 

その素晴らしさから、道徳の教科書に載るほどです。

 

では、羽田空港を「世界一清潔な空港」に導いた新津春子さんとは一体どういう人物なのか。

 

詳しく見ていきましょう。

 

また、後半では、「家庭でできる、新津流お掃除術」も紹介します。

お楽しみに!

スポンサードリンク

 

新津春子のプロフィールや経歴は?

引用:http://www.jatec.co.jp/house-cleaning/about/niizu

 

新津春子さんは、1970年中国の瀋陽に生まれ、現在49歳。

 

お父さんは、日本人中国残留孤児でお名前は一郎さんといいます。お母さんは中国人の俊子さん。

 

※日本人中国残留孤児とは、満州事変で終戦を向かえ、混乱したさなか、親と離れ離れになってしまい中国に置き去りになってしまった子供を言います。

 

 

高校生になるまで、中国で暮らしていましたが、日本人の父と中国人の母の間に生まれた新津さんを周囲は“日本人”“日本人”とバカにして、イジメるなど、中国での生活はとても苦労られたようです。

 

※新津春子さんの中国名は「郭 春艶」(カク シュンエン)。

 

 

日本に帰国することを望んでいたお父さんの一郎さんですが、1972年に日中国交正常化が実現し、その後、なかなか夢がかなわず、1987年についに、新津春子さん一家は無事に日本に移住する事となりました。

 

※日中国交正常化に尽力された田中角栄元総理大臣にあやかって「田中」を名乗ることにしたそうです。ですから結婚前の日本に移住した当時の名前は「田中春子」でした。

 

 

新津春子さんが日本に来た時は、高校生の17歳の時。東京都内の高校に編入しました。

 

中国語しか話せない新津さんを今度は“中国人”“中国人”とバカにされ、中国にいた時と同じいじめを経験することになります。

 

日本の物価の高さに驚かされた、新津さんの家族は生活を支えるために必死になって働いたといいます。

 

新津さんも、家計を助けるためアルバイトを探し始めました。

 

そこで見つけたのが、お掃除のアルバイト。

 

その理由は「お掃除だったら日本語が分からなくても、話せなくても出来る!」でした。

スポンサードリンク

高校卒業後、さらなる進化、そして飛躍

新津さんが高校卒業後、就職したのは、ヘッドフォンを作る音響機器メーカーでした。

 

お掃除の仕事に生きがいを感じていた新津さんは、就職してからも清掃のアルバイトを続けていたというから驚きです。

 

音響機器メーカーを3年で退職し、清掃に関する技術と知識を学ぶために、品川の職業訓練施設に通い始めます。

 

その後、1995年25歳の時に日本空港テクノ株式会社(現在働いている会社)に就職します。

 

当時、男性しか募集していないこの会社では、交渉の末に入社したとのことでした。

 

・1995年にはビルクリーニング技能士の国家資格を取得

・1997年の全国ビルクリーニング技能競技大会東京予選2位

 

この大会で、東京予選2位になったことで、全国大会の出場権を獲得しましたが、厳しい指摘がありました。

 

「あなたには優しさがない。」

「次の人が使うことを考え感謝の気持ちを込めて清掃することが大切。」と一言。

 

これで意識が変わった新津さんは、道具の使い方を研究して、先輩方の仕事をよく観察し、身につけ、その結果、2か月後の全国大会では見事に優勝しました。

 

さらなる進化、そして飛躍はすぐに結果として現れました。

 

“清掃で大切なのは技術よりも優しさ”を学んだ。といいます。

 

27歳の時でした。

 

こうしたかいあって、2013年に初めて「羽田空港が世界一美しい空港」に選出。

 

2019年まで、5回も世界一美しい空港に選出されるという輝かしい実績を挙げているのです。

 

 新津春子の夫や子供は?

新津春子さんは、1998年に結婚をしています。

 

28歳の時ですから、全国大会で優勝した翌年ですね。

 

 

実は、新津さん。全国大会で優勝するまでは、結婚しないと決めていたそうです。

 

結婚を機に姓を「田中」から「新津」に変更しました。

 

お子さんはいないようですが、その理由について新津さんは、“清掃の仕事と育児は両立できない”ということでした。

 

仕事に対して、強い責任感と情熱を持っている新津さん。

 

そのことはご主人様も理解しているようです。

スポンサードリンク

新津春子の年収や清掃方法について

日本空港テクノ株式会社に所属している新津春子さんですが、清掃員の給料は、30代の現場チーフクラスでも、平均年収360万円ぐらいだそうです。

 

【転職・求人情報によるデータ】

給与:

【年収】350万円~450万円

【月給】25万円以上

昇給:年1回(4月)

賞与:年2回(6月、12月)

 

新津春子さんは、社内の清掃員500人のうち、「環境マイスター」という肩書を持つ唯一の社員です。

 

新津春子さんクラスでおそらく、年収500万円ぐらいではないでしょうか?

 

一般家庭で出来る、新津流お掃除術

一般家庭で出来る、新津流お掃除術では、キッチンタイルの油汚れの予防方法や掃除方法などをご紹介します。

 

その中から一例として「グリルの中の掃除方法」をご紹介します。

 

グリルの中は口に入るものを焼くので、洗剤ではなく“重曹と片栗粉”で汚れ落とします。

 

・70度以上のお湯200㏄に重曹を大さじ4杯(48g)入れる。

・とろみが出るまで片栗粉を入れ、クエン酸を2杯入れ完成。

 

【掃除手順】

1.グリルが汚れないように、底や外の部分に新聞紙で包む。

2.ハケなどを使い、油汚れを丁寧に塗り付けてから放置。

3.新聞紙を取り外し、ぬれタオルを使って中に良くふく。

4.火を強火にし15秒間付けてから、火を止め、濡れタオルを使ってグリルの口にふたをする。※火をつけることで早く汚れが落ちるので・・・。

5.30分間放置。

6.汚れが浮いてきたら、スポンジを使い、良くこする。※汚れが落ちないときは、ステンレスのヘラをなど使う。

 

以上、簡単にその方法をご紹介しました。

 

羽田空港の清掃で培った技術が、ベースになっているので一般の方でもぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

まとめ

これまで、新津春子さんの経歴を見てきました。

中国人でありながら、言葉の壁から清掃の道に進んで、思いもよらぬ形で成功を収めた新津春子さん。

 

社内の清掃員500人のうち、「環境マイスター」という肩書を持つ唯一の社員というから驚きです。

 

人生は、努力で道を開くもの、というメッセージが込められている気がしてなりません。

 

話題になるのも当然ですね。

 

これからもますますのご活躍を期待しましょう。

 

追加情報

新津春子さんは、自身が監修するハウスクリーニング「思う心」で一般向けのユーザーに向けて清掃サービスを展開しています。

 

日本空港テクノ株式会社の子会社という位置づけです。

 

お客様の住まいの悩みや要望を聞き取り、それに合わせた、サービスをご提案するというものです。

 

主なサービス内容は、浴室、レンジフード、エアコン、キッチン、の4点が基本。

 

エアコンやレンジフードの内部まで、分解し洗浄までしてくれます。

 

窓ガラス、トイレ、洗面台、家具、床(フローリング、カーペット)や高所の清掃など様々な要望に応えてくれるそうです。

スポンサードリンク



-人物

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.