日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

芸能人 エンタメ

タモリがMステ2/1で嵐にかけた言葉は?気になるトーク内容と感想まとめ

更新日:




2019年2月1日(金)19時時からテレビ朝日系列にて『ミュージックステーション3時間スペシャル』が生放送されます。

今回はテレビ朝日開局60周年記念として、大塚愛やORANGE RANGE、THE YELLOW MONKEY、GENERATIONS、ジャニーズWEST、乃木坂46など豪華アーティストが出演し、倉木麻衣がZARD坂井泉水と共演したり、Superflyがオーケストラとコラボとをしたりと、見どころ満載ですが、なにより一番の見どころは嵐の出演ではないでしょうか。

嵐は、1月27日に突然の活動休止を発表し、その衝撃は日本中を驚かせたばかりです。

渦中の嵐が活動休止発表後、初めての生放送に出演するということで、一体どんな言葉を発し、どんなパフォーマンスを見せるのか、とても注目しています。

そして、そんな嵐にタモリさんは一体どんな言葉をかけ、パフォーマンス前のトークでどんな話をされるのか(または、したのか)がとても気になるところです。

スポンサードリンク

 

Mステ3時間SPでの嵐×タモリのTwitter期待の声まとめ(放送前)

嵐とタモリさんの共演を楽しみにしている人たちの声をまとめてみました。


これはほんとに注目ですね。

タモリさんの第一声と言えば、「髪切った?」が 有名(?)ですが、端的にさらっとひと言を投げかけるイメージがあるので、この「活動休止するんだって?」のひと言が飛び出す可能性はゼロではありませんよね。

また、今回の活動休止については、共演者の誰も、触れたがらない話題でもあるかと思いますので、その部分のある意味のタブーをこじ開けることができるのもタモリさんくらいではないでしょうか。

タモリさんにさらっと活動休止について言及されたあとの嵐のメンバーもどのようなリアクションをするのかも気になるところですね。

たくさんの方が嵐とタモリさんの共演を楽しみにしているようです。

ファンの方のためにも、タモリさんだからこその一歩踏み込んだ話を期待しています。

スポンサードリンク

Mステ3時間SPでの嵐×タモリのトーク内容は?

タモリさんが嵐にどんな言葉をかけるのか注目を集めましたが、オープニングで早くも嵐と言葉を交わしました。その第一声は、

「活動休止かぁ~・・・」

でした。

とても感慨深く名残惜しそうな声に聞こえましたので、タモリさんも嵐の活動休止には残念に思っているのではないでしょうか。

そんな気持ちにこたえるように、相葉雅紀さんは「今日は120%でやらせていただきます!」と宣言していました。

 

その後、放送は進み、テレ朝で放送されたアニメの話題になり、ドラえもんの映画「スタンドバイミ―」の主題歌を歌っている秦基弘さんのトークになるかと思っていたら、突然、秦さんの後ろに座っていた嵐にタモリさんが「嵐はどんなアニメを見ていたの?」と話を振っていました。

本来であれば秦さんとのトークをする出番なのに、嵐に話をふっていたのは、タモリさんの“嵐や”“嵐のファン”に対しての気遣いだったのかもかもしれません。

ちなみに、松本さんは「スラムダンク」、櫻井さんは「セーラームーン」、相葉さんは「ドラえもん」をよく見ていたそうです。

 

その後、番組は続きますが、どのアーティストの時でも必ずと言っていいほど、嵐に話を振るタモリさんに対して、SNS上では“神”の声も。

21時半頃になり番組もいよいよ終盤になり、お宝映像のコーナーで嵐の過去の出演映像が流れ終わり、ついにトークが始まりました。

 

タモリさん「デビュー当時は若かったねー」のひと声を皮切りに、タモリさんと嵐のメンバーがそれぞれ楽しそうにトークを繰り広げました。

気になる活動休止についてはタモリさんからも話をふることもなく、楽曲についての話が続けられました。

しかし、トーク中、大野さんが話す場面はほとんどありませんでした。

そして、いつも通りのMステという感じのまま、トークも終わるのかと思った矢先、何やら櫻井さんが二宮さんに耳打ちをする姿が。

もしかしたら、櫻井さんは大野さんがあまりしゃべっていないことに気づき、二宮さんの告げたのではないでしょうか。

それを様子を察したタモリさんが、トーク前に流れた過去の映像で、大野さんが催眠術にかけられ自分の名前を言えなくなるという件から、突然大野さんに催眠術をかける様を見せ、「お名前は?」と問うと、大野さんは「大野です」と応え、会場は笑いが起き、和やかにトークは終了しました。

そんなタモリさんと嵐の注目のトークを見て、SNS上ではたくさんの声があり大きな反響をみせました。

嵐のパフォーマンスが終わり、いよいよエンディング。

エンディングの短い時間で、タモリさんは嵐に対して一体どんな言葉をかけるのかも注目していましたが、嵐はスタジオ外のステージでパフォーマンスを終えたばかりで、絡むことはありませんでした。

Mステ3時間SPでの嵐×タモリのTwitterみんなの感想まとめ(放送後)

活動休止を発表した嵐に対してタモリさんがどのような対応をするのかが大きな関心をよせましたが、いつも以上に嵐に接し、たくさんの会話を交わしたタモリさんの優しさや共演者のアーティストのみなさん、番組スタッフのみなさんの心遣いを感じたすばらしいミュージックステーションでした。

目立った“言葉”はなかったように思いますが、さりげなく、その“いつも通り”ができるのもタモリさんの凄さであるとともに、それが嵐へのメッセージだったのかもしれません。

「気負いせず、無理もせず、今まで通りの嵐のままで頑張りなさい」と。

もちろん、放送終了後は何かしらの言葉をかけているかもしれませんが。

 

放送後には、SNS上ではそんなタモリさんへの感謝の言葉が溢れていましたので、まとめてみました。

活動休止を発表し、それ以来初めての生パフォーマンスを見せた嵐でしたが、パフォーマンス終了後に大野さんが「引き続き、嵐をよろしくお願いします!」と大きな声で放った言葉が印象深く、2020年12月31日まで全力で駆け抜ける決意を改めて感じました。そんな嵐の今後の活躍を期待しましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

スポンサードリンク



-芸能人, エンタメ

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.