日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

ニュース

勧修中学スタントマンの名前は?勤務先ワーサルも調査

投稿日:




2019年4月12日、京都山科区にある勧修中学のグランドで交通安全教室を行っている時、スタントマンが車にはねられる事故を再現する際に事故が起こりました。

スタントマンの名前や所属しているスタント会社の業務内容にについても気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

 

 

勧修中学交通安全教室の事故概要

事故が起きた現場は、京都市山科区勧修中学校のグランドです。

2019年4月12日午後、交通安全教室として、全校生徒約570人が参加していました。

スタントマンの男性は、歩行者が道路の横断中に車にはねられる事故を再現していたようです。トラックを運転していたのは、同じスタント会社の男性です。時速10キロで走行するトラックのバンパーに、スタントマンの男性はしがみつき、安全に着地する想定だったのが、スタントマンは手が離れてしまい、地面に落ちて、車体下に巻き込まれたようです。

中学生の目の前でまさか本当に事故が起きてしまうなんて、驚きを隠せません。子どもたちは大変ショックを受けていると思われます。

スポンサードリンク

勧修中学で起きた事故のスタントマンの名前は?

交通安全教室中に起きた事故でスタントマンをしていたのは、

中村 佳弘(34歳)さんです。

中村さんは約7時間後、搬送先の病院で亡くなられました。最初、スタントマン重体の報道がされていたので1日も早く回復されることを願っておりましたが、とても残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

交通安全教室を主催したのは?

今回の交通安全教室を主催したのは、京都市自転車政策推進室 です。

主に、放置自転車対策、自転車等駐車場及び駐車場の整備・管理等、自転車に関する施策の推進に係る連絡及び調整をしているところで、子どもたちへの交通安全教室もここが主催しています。

京都市内の小学校、中学校の交通安全教室はこの自転車政策推進室が主催として行っているものと思われます。

この京都市自転車政策推進室がスタント会社に業務委託し、開催されました。

 

スタントマンの所属していた会社は?

今回の事故で重体となったスタントマンが所属するスタント会社は、

株式会社ワーサル です。

<株式会社ワーサル概要>

所在地:〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-18-3 VORT笹塚6F

TEL:03-5371-0255

FAX:03-5371-0259

アクセス:京王線「笹塚駅」から徒歩5分


株式会社ワーサルは、

バク転・アクションなどのスクール開催(東京校及び福岡校)やスタジオ・シアターのレンタル事業、タレント育成や一般人材派遣事業、忍者派遣、スケアードストレートなど幅広いサービス事業を展開している会社のようです。

タレントさんもたくさん所属されているようです。2019年4月19日公開される映画「キングダム」に出演している坂口拓さんもワーサル所属のようです。

スケアードストレートとは?

今回の交通安全教室はこの「スケアドストレート」の事業で、ワーサルのHPによると、

スケアードストレートとは、恐怖を実感することでそれにつながる危険行為を未然に防ぎ、 交通ルールを遵守することの大切さを体感させる教育方法のことを言い、これを全国で開催されています。

引用:ワーサルHP

ワーサルのHPにある写真のように、まさにこの車のボンネットの上に乗って交通事故を再現する様子を見るはずだったのが、本当の事故になってしまったということですね。

この演技はかなりの技術力や慣れが必要だと感じます。事故原因についてさらに調査されると思われます。

 

まとめ

この再現事故が本当の事故になってしまい、それを目の当たりにした中学生の子どもたちには相当のショックがあると思います。中学校の先生や京都市は何よりもまず子どもたちの心のケアを十分に行ってもらいたいです。

今回の事故が株式会社ワーサルにとって初めてのケースだったのかどうかまでは分かりませんが、重大な事故につながったことは間違いないので、この安全教室の内容について、二度と同じことが起こらないようにしっかりと原因を追究して内容の見直しをしてもらいたいと思います。

スポンサードリンク



-ニュース

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.