日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

ニュース

令和のイントネーション,アクセント,発音は?気になる正しい発音を調査

投稿日:




2019年4月30日に明仁天皇が御譲位され、2019年5月1日に新天皇として徳仁親王が即位されることで、平成から新しい元号が始まります。

それに伴い、新元号が何になるのかが注目されていましたが、2019年4月1日、ついに菅官房長官により新元号が発表されました。

新元号はなに?

2019年4月30日に明仁天皇が御譲位されることにより“平成”の時代が終わります。

そして、2019年5月1日より新しい時代が幕を開けることになります。

新しい元号は、『令和(れいわ)』です。

令和のイントネーション,アクセント,発音は?

令和が発表され、ネットではそのイントネーションについて大きな話題なっています。

多くの方がイントネーションに疑問をもっているようです。

 

本日の菅官房長官や阿部総理大臣の会見を見ると、令和にイントネーションは「チーズ」や「明治」のように、「れ」にアクセントを置いているように、はっきりと「れ い わ」と1音ずつ聞こえます。

 

一方では、「競馬」のように同じイントネーションで、さらに「け ー ば」というように「い」が「え」に近い形で、「れ - わ」と発音しているような報道もあります。

 

同じようなイントネーションやアクセントの問題では、B’zの発音が「ビ↑ー↑ズ↑」なのか「ビ↑ー↑ズ↓」なのかがありますが、地域や年代によってもさまざまなあるので、令和に関してもそのような状況になるのではないでしょうか。

 

ただし、正しいイントネーションとなると、はじめに公に発言された菅官房長官のイントネーションが正しいということになりますので、何度も聞いてしっかりと耳になじませていきたいですね。

 

 

 

スポンサードリンク



-ニュース

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.