日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

ニュース

令和の語源,意味,由来,出典元は?新元号発表で新時代へカウントダウン始まる

投稿日:




2019年4月30日に明仁天皇が御譲位され、2019年5月1日に新天皇として徳仁親王が即位されることで、平成から新しい元号が始まります。

それに伴い、新元号が何になるのかが注目されていましたが、2019年4月1日、ついに菅官房長官により新元号が発表されました。

スポンサードリンク

 

新元号はなに?

2019年4月30日に明仁天皇が御譲位されることにより“平成”の時代が終わります。

そして、2019年5月1日より新しい時代が幕を開けることになります。

新しい元号は、『令和(れいわ)』です。

 

スポンサードリンク

令和はどうやって決まった?

新元号はどうやって決まったのでしょうか?

 

新元号にあたっては、下記のようないくつかの条件があると言われています。

・国民の理想としてふさわしいような意味を持つものであること

・漢字文字であること

・書きやすいこと

・読みやすいこと

・これまでの元号またはおくり名として用いられたものでないこと

・俗用されているものでないこと

 

これらの条件を兼ね備えた元号案を、まずは政府に依頼を受けた国文学、漢文学、日本史学、東洋史学に見識を持つ学者によって5案程度を考案されました。

それらの元号案を、元号発表の当日2019年4月1日午前9時半頃に、有識者9名に「元号に関する懇談会」で意見を聴取しました。

有識者には、下記の9名の方々が起用されました。

上田 良一(NHK会長)

大久保 好男(日本民間放送連盟会長)

鎌田 薫(日本私立大学団体連合会会長)

榊原 定征(前経団連会長)

白石 興二郎(日本新聞協会会長)

寺田 逸郎(前最高裁判官)

林 真理子(小説家)

宮崎 緑(千葉商科大学教授)

山中 伸弥(京都大学iPS細胞研究所所長・教授)

 

その後、衆院議長公邸で衆参両院の正副議長の意見を聞き、官邸で開かれる全閣僚会議での協議を経て、新元号を定める政令を閣議決定する、という手順で新元号が決まったようです。

 

令和の語源,意味,由来,出典元は?

令和の出典元は万葉集です。

令和は万葉集の梅花の歌三十二首の序文にある「初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。」から引用されました。

引用文:「初春令月、氣淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。」

 

意味は人々が美しく心寄せ合う中で文化は花開くという意味が込められています。

 

 

まとめ

ついに新しい時代へのカウントダウンが始まりました。

平成では、戦争が一度もない時代にはなりましたが、阪神淡路大震災や東日本大震災などの地震や、記録的な豪雨災害や大風の猛威などの天災に悩まされた時代でした。

今では一世一元の形で元号が変わりますが、それ以前は疫病や天災により国民に大きな被害が起こった際に元号を変えていたと言われています。

それゆえ、今まさに平成の時代が終わり、新しい時代が始まることは、大きな悲しみから希望あるれる時代を迎えるにあたり、ベストなタイミングなのかもしれません。

新しい時代までの一カ月間は、平成の時間を懐かしみ感謝をもって『令和』を最大級の祝福の気持ちで迎えるための大切な時間にしていきましょう。

 

スポンサードリンク



-ニュース

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.