日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

イベント 観光

東京タワー夜桜の混雑状況は?期間や料金も調査(2019年)

投稿日:




引用:Wikipedia

お花見の季節がやってきましたね。なんと、今の季節限定で東京タワーでもお花見ができるようです。

その東京タワーのお花見混雑状況や、期間や料金も気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

 

東京タワーとはどんなところ?

東京タワーは、東京都港区芝公園にある総合電波塔の愛称です。

正式名称は「日本電波塔」(にっぽんでんぱとう)。1958年12月23日竣工。東京のシンボル・観光名所として知られています。

<東京タワー概要>

所在地:東京都港区芝公園四丁目2番8号

TEL:03-3433-5111

竣工:1958年12月23日

階数:地上16階、地下2階

国の登録有形文化財

東京タワー公式サイト https://www.tokyotower.co.jp/index.html

東京タワーと言えば、日本人なら誰もが知っている東京のシンボルですよね。

東京観光のスポットとしても人気が高いので、東京に行くなら、一度はこの目で見てみたいですよね。

スポンサードリンク

東京タワーの中で桜が見られる?

東京タワーの中で桜が見られるなんて、誰もが予想しなかったですよね。

実は今、東京上空150mに”本物の桜”の生け花を展示する「東京タワーお花見デッキ」が初開催されています。

引用:東京タワーHP

<東京タワーお花見デッキ概要>

期間:2019年2月28日(木)~4月7日(日)

時間:毎日9時~23時まで

場所:メインデッキ2階 北面フロア(皇居・丸の内方面)

料金:メインデッキ(150m)までの展望料金(高校生以上900円、小中学生500円、4歳以上400円)

東京タワーから見下ろす景色と合わせて、桜も一緒に楽しめるなんて、一石二鳥でとても贅沢なお花見ですね!

日没後は、照明を落としたフロアになるそうで、昼間とは違った雰囲気の桜が楽しめるようです。

 

東京タワーの夜桜ライトアップはある?

東京タワーでは、メインデッキの窓面や床面に映し出されるプロジェクションマッピング「TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA」が楽しめます。

 

引用:東京タワーHP

【TOKYO TOWER CITY LIGHT FANTASIA “YOZAKURA NIGHT”】

期間:2019年3月22日(金)~5月6日(月)

投影時間:

3月22日~4月7日は18:30~22:50

4月8日~5月6日は19:00~22:50

会場:メインデッキ2階

料金:メインデッキまでの展望料金(高校生以上900円、小中学生500円、4歳以上400円)

公式サイトhttps://www.tokyotower.co.jp/event/attraction-event/sakura2019/index.html

プロジェクションマッピングの演出によってとても幻想的な夜桜の世界が広がっていますよね!

光り輝く大都会東京の夜景と、幻想的な夜桜の光の演出を一緒に楽しめるのは、東京広しと言えども、きっとこの東京タワーだけなのではないでしょうか。都会の喧騒を忘れさせてくれる世界観に一度身を委ねてみたいものですね~!

 

東京タワーの料金は?

東京タワーの料金について詳しく調べてみました。

<東京タワー料金>

・大人(高校生以上) メインデッキ(150m)900円/トップデッキツアー(150m+250m)2,800円

・子供 (小中学生) メインデッキ(150m)500円/トップデッキツアー(150m+250m)1,800円

・幼児(4歳以上) メインデッキ(150m)400円/トップデッキツアー(150m+250m)1,200円

※トップデッキツアーの料金にはメインデッキ(150m)入場料を含みます。

※トップデッキに入場するには、トップデッキツアーへのご参加が必須となります。

※メインデッキ(150m)まで一日何度でも昇ることが出来るチケット『1DAYパス』大人(高校生以上)1,600円 子供(小・中学生)900円 幼児(4歳以上)700円

引用:東京タワーHP

東京タワーメインデッキ+トップデッキツアー料金で2800円はお高めですが、地上250mからの景色は一見の価値がありそうです!事前予約をしておけば、混雑に巻き込まれることもなくゆったりと入場できるのもいいですね。

 

東京タワーの夜桜の混雑具合は?

東京タワーは東京駅から近いので、観光スポットとしてとても人気があります。

お花見時期には混雑具合はどんな感じなのでしょうか?

30分前に到着してもすでに混雑しているそうです!

やはり、東京タワーは人気な観光スポットなだけあって、お花見の時期は春休みの時期と重なるので、多くの人出が予想されます。

なるべく人が少ない時間帯を狙うなら、平日の朝早めの時間が良さそうですね。夜のライトアップの時間帯に行くなら、プロジェクションマッピングの開始時間の30分以上前には行かれるのがいいかもしれませんね。

 

東京タワーへの行き方、最寄り駅は?

<東京タワーへのアクセス>

●地下鉄・JR

大江戸線赤羽橋駅 / 赤羽橋口出口徒歩5分

日比谷線神谷町駅 / 1出口徒歩7分

三田線御成門駅 /徒歩6分A1出口 芝公園駅 A4出口/ 徒歩10分

浅草線大門駅 / A6出口徒歩10分

JR浜松町駅 / 北口出口徒歩15分

●東急バス

等々力操車所~白金台・目黒駅~ 東京タワー~東京駅丸の内南口

東京タワーバス停徒歩1分

お花見の時期には交通渋滞が予想されますので、東京タワーに訪れる方は電車かバスで行かれる方がおすすめです。

車で行かれる方は、東京タワー駐車場は満車になることもよくあるそうなので、近隣のコインパーキングに停めてから行かれるほうがいいかもしれませんね。

 

東京タワー周辺のお茶休憩スポットはある?

東京タワーの周辺にはたくさんのカフェがあります。その中でも人気のカフェを調べてみました。

<ベルギー発祥のベーカリーレストラン「ル・パン・コティディアン 芝公園店」>

所在地:東京都港区芝公園3-3-1 東京プリンスホテル

営業時間:7:30~22:00 (21:00 L.O.)

※土日祝は混雑のためご予約を受け付け不可 年中無休

ル・パン・コティディアン公式サイト http://www.lepainquotidien.jp/


東京タワーから歩いてすぐにあり、都営三田線御成門駅からも徒歩1分にあるので、すぐ行けるのはありがたいですよね。それに、営業時間も22時までになるそうなので、夜桜鑑賞してからでも寄れるのはいいですね。

お子様メニューもあったり、ベビーカーでの入店も可とのことなので、お子様連れでの東京タワーのお花見の後は、ル・パン・コティディアンでゆっくりお茶休憩して帰るのもいいですね。

 

東京タワーの周辺の観光スポットはある?

東京タワー周辺の観光スポットについて調べてみました。

●「増上寺」(東京タワー から約 0.3km)

→公式サイト http://www.zojoji.or.jp/

●「芝公園」(東京タワー から約0.5km)

→公式サイト http://shiba-italia-park.jp/shiba/

●「愛宕神社」(東京タワー から 約0.7km)

→公式サイトhttp://www.atago-jinja.com/

●「スヌーピーミュージアム」(東京タワー から 約1km)

→公式サイト http://www.snoopymuseum.tokyo/

東京タワーを訪れた後、次はどこに行こうか迷ってしまうほどですよね。時間を有効に使って、東京観光を充実したものにしたいですよね!

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

東京タワーは東京観光スポットの中でもとても人気のあるスポットです。観光スポットとしても誰もが知っている東京タワーなので、桜の時期は春休みと重なり、相当な混雑が予想されます。訪れる方は、平日の朝早めの時間帯がおすすめです。

また、夜桜プロジェクションマッピングの演出もされますので、かなりの人出になりそうです。大都会の夜景を見ながら、幻想的な桜の光景は私たちを異世界へと誘ってくれることでしょう。これはぜひとも足を運んで、写真に収めたくなりますね。

この東京タワーの夜桜鑑賞もどんな桜模様になるのかとても楽しみですね!素敵な夜桜鑑賞をお楽しみください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



-イベント, 観光

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.