日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

お店 グルメ

幻のパン楽健寺パン工房(東大阪)の場所や値段、購入方法は?評判感想まとめ

更新日:




幻のパンとして度々テレビなどでも取り上げられる大人気の楽健寺パン工房。

なぜ“幻”なのかというと、それは週に1日しか製造されないからだそうです。しかも人気過ぎてなんと3ヶ月も待たないと食べられないというから驚きです!

そんな大人気の楽健寺パン工房の場所やパンの料金、そして購入方法や、実際に食べた方の感想なんかをまとめてみました。

スポンサードリンク

 

幻のパン楽健寺パン工房とは?

お店の名前を見て「ん?」と思った方もいるかと思いますが、楽健寺ってお寺なの?と言いたくなりますが、実は、このパン工房、お寺の住職さんがされているお店だそうです。(実際には、楽健寺というお寺はなく、奈良の東光寺でご住職をされています。)

楽健寺パン工房は、山内宥厳(やまのうち・ゆうげん)さん(83)と、6歳年上の幸子(ゆきこ)さん(88)ご夫妻によって営まれています。

パン作りって、朝も早いし、小麦粉とかも重いし、結構な重労働のイメージがありますが、ご高齢にもかかわらず凄いなぁと感心すると同時に、背筋が伸びますね。

 

パン作りのきっかけは、山内宥厳さんはぜんそくを患っていて、知人から「天然酵母でつくるパンが健康にいいらしい」と聞き、それでパン作りをはじめたようです。

その時から忙しくても毎週月曜日の1回だけはと作り続け、今に至るとのことです。

 

パン種にはごはんを使った自家製の天然酵母と、リンゴ、ニンジン、長芋を使用。隠し味にはご夫婦お二人の愛情がたっぷり入っているんだとか。

スポンサードリンク


 

幻のパン楽健寺パン工房の場所は?

楽健寺パン工房がどこにあるのか調べてみました。

楽健寺パン工房

〒577-0037 大阪府東大阪市御厨西ノ町1丁目4−23(河内小阪駅から974m)

電話番号:06-6781-7003 月曜日のみ

外観は見るからに築年数も経って古そうですが、大切に守って来られている場所なんだと感じますね。

幻のパン楽健寺パン工房の値段は?

楽健寺パン工房のパンは全部で7種類あります。

・食パン(440円)

・葡萄パン(440円)

・プチパン(440円)

・クルミ葡萄入りパン(440円)

・全粒粉30%パン(220円)

・ライ麦30%パン(220円)

・よもぎ入りパン(220円)

・天然酵母パンおまかせセット(5,500円)※送料込み

・楽健寺の天然酵母パン種(3,800円)※送料込み

 

幻のパン楽健寺パン工房の購入方法は?

楽健寺パン工房のパンは現在通販のみでの販売で、全国でお取り寄せすることができます。

ただし、荷造りの手間と時間が大変とのことで、セット以外は、今のところは受け付けていないです。

とはいえ、セットもなかなかいいお値段がするので、各種少量買いを希望の場合は、楽健寺の天然酵母パン種を注文すると受け付けてくれるようです。

詳しくは直接お問い合わせしてみるほうがよいでしょう。

予約方法は電話かファックス

電話番号:06-6788-6478

 

幻のパン楽健寺パン工房の評判感想は?

 

View this post on Instagram

 

昨日に引き続き、本日も里山出張販売です。外は相変わらずの雨模様ですが、気持ちのいいBGMを流してお待ちしております。 追記 【テントンのチーズケーキ】【甘夏マーマレードのチーズケーキ】がご予約で完売致しました。イートイン数量限定の【濃厚マンゴーソースかけ レアチーズケーキ】は残り少ないですがございます。 おいしい記憶 先日買いに行った楽健寺パン工房の天然酵母パンたち。天然酵母パン特有のクセがなく、食べやすいパンでした。 #tenton #テントン #楽健寺パン工房 #天然酵母パン

ten ton -テントン-さん(@ten_ton)がシェアした投稿 –

まとめ

いかがでしたか?

自家製天然酵母を使って愛情たっぷり込めて作るパン、食べたくなりましたね。

少しお値段はしますが、是非一度味わってみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



-お店, グルメ

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.