日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

観光

ムーミンパーク身長体重制限のアトラクションは?駐車場,料金も調査

投稿日:




引用:ムーミンバレーパーク公式サイト

2019年3月16日、埼玉県飯能市にムーミンバレーパークがオープンします。日本で初となるムーミンのテーマパークになるので、ムーミンファンにとっては待ちに待ったテーマパークです。

このムーミンバレーパークでは身長制限、体重制限のアトラクションはあるのかどうか、また駐車場や料金についても気になったので調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

ムーミンバレーパークとは?

ムーミンバレーパークとは、宮沢湖にできた北欧をテーマにした施設「メッツァ」の中にできたムーミンのテーマパークです。

原作に登場する建物を再現してあったり、展示施設ではムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの作品にふれることができます。

引用:ムーミンバレーパーク公式サイト

<ムーミンバレーパークの概要>

所在地:〒357-0001 埼玉県飯能市宮沢327-6 メッツァ

営業時間:平日 10時~20時、土日祝 10時~20時

最寄駅:飯能駅

アクセス:

・狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km(約12分)

・青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km (約30分)

・飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3km(約10分)

自然とふれあうのには最高の場所にありますね。お子様もきっと走り回って遊ぶのには大喜びされるような素敵な場所です。

ムーミンバレーパークに入るにはチケットが必要です。

<ムーミンバレーパークの入園料>

おとな(中学生以上)1500円(税込)

こども(4歳以上小学生以下)1000円(税込)

3歳以下は無料

丸1日遊ぶことを思うとそこまで高くないですね。

 

スポンサードリンク

ムーミンバレーパークで身長や体重制限のアトラクションは?

ムーミンバレーパークには様々なアトラクションが設置されています。その中で身長制限や体重制限があるアトラクションがあるのかどうか調べてみました。

飛行おにのジップラインアドベンチャー

おさびし山の頂上からスタートする、ジップラインのアトラクションが「飛行おにのジップラインアドベンチャー」です。

森の中に張ったワイヤーを滑車で滑り降りていき、絶景を楽しめスリルも味わえる、世界的にも人気のあるアクティビティであるジップラインが、往復約400mの宮沢湖面を滑空します。

小説『たのしいムーミン一家』に登場する“飛行おに”という黒ヒョウに乗って空を飛ぶキャラクターのように、ルビーの王様を求め、森の中、湖の上を風を感じながら楽しめます。

こちらのアトラクションでは、

「小学3年生以上、身長120cm以上190cm未満、体重30kg以上100kg未満、乗車時にハーネスの装着ができる方に限ります。」

という注意書きがあります。

小さなお子様は参加できないのですね。確かにジップラインは一人で順番に滑空するので、小さなお子様にとっては怖いし、体重が軽すぎるとスピードがかなり出てしまいそうです。

このムーミンバレーパークのアトラクションではありませんが、滋賀県にある琵琶湖バレイのジップラインの動画がありましたのでジップラインのイメージはこのような感じかなと思います。

ムーミンバレーパークでは、「宮沢湖面を滑空」とあるので、湖の上を滑空できるのが魅力ですね。

また、この 「飛行おにのジップラインアドベンチャー」の料金は、

大人、子どもともに一律1500円です。入園料とは別途かかります。

ムーミンバレーパークのアトラクションで、身長、体重、年齢制限があるアトラクションはこの「飛行おにのジップラインアドベンチャー」だけのようです。その他のアトラクションは特に制限はないようです。

 

ムーミンバレーパーク他のアトラクションは?

他のアトラクションとしては、

海のオーケストラ号

体感型のモーフィングシアターです。モーフィングシアターとはコンピューターグラフィックで作られた物体がどんどん変化して自然と別の物に変わっていく映像のことです。

「海のオーケストラ号」をつくったのは、ムーミンパパの友人であり、発明家のフレドリクソンです。物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗って、若き日のムーミンパパ、スナフキンのお父さんとなるヨクサル、スニフのお父さんとなるロッドユール、フレドリクソンたちと一緒に冒険に出かける映像が見られます。

料金は、3歳以下は無料、大人、子ども一律1000円(税込)です。

ムーミン屋敷のガイドツアー

こちらは原作を忠実に再現したムーミン屋敷の中に入ることができます。

地下室はたくさんの食糧が保管してある貯蔵庫で、1階はキッチンとダイニング、2階はリビングとムーミンパパ・ムーミンママの部屋、3階はムーミンの部屋とリトルミイの部屋、屋根裏にはムーミンパパが執筆を行ったりする書斎があります。

料金は、3歳以下は無料、大人、子ども一律1000円(税込)です。

リトルミイのプレイスポット

ムーミンの中でもリトルミイのファンは多いはずです。リトルミイが可愛いいたずらを繰り広げるシアター型アトラクションです。シアター時間は約10分です。

料金は、3歳以下は無料、大人、子ども一律700円(税込)です。

 

アトラクションは当日券もあるようですが、混雑状況によってはあらかじめ事前予約する方がよさそうです。

 

ムーミンバレーパークの駐車場は?

ムーミンバレーパークの駐車場は利用方法が2つあります。

<駐車場をWEBで事前予約>

料金:平日1500円、土日祝2500円

※再入場は不可

※事前清算(コンビニ払いも可)

<駐車場は予約しない>

料金:平日10分100円(上限1800円)、土日祝30分500円(上限3000円)

※現地清算

引用:ムーミンバレー公式サイト

ムーミンバレーに1日家族で遊びに行くのであれば、駐車場は事前予約をしていく方がいいですね。

確実に停めることができるので嬉しいですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ムーミンバレーパークの身長体重制限のあるアトラクションは、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」だけです。

日本初のムーミンのテーマパークに大人も子どもも楽しめること間違いないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



-観光

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.