日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

イベント

ブルーメの丘アスレチック料金は?年齢身長制限や駐車場,最寄り駅も調査

投稿日:




2019年3月1日からドイツ製巨大アスレチックが西日本初ブルーメの丘にオープンします。

ブルーメの丘のアスレチックは一体どんなアスレチックなのか、料金や年齢、身長制限はあるのか、駐車場や最寄駅についても気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

 

ブルーメの丘とは?

中世ドイツの農村部をモチーフにしたテーマパークです。広い敷地内には羊や馬が放牧される牧場が広がり、動物と触れ合えたり、本格的なパンやソーセージ、ピザ作りなどの体験ができる施設などが点在しています。

引用:ブルーメの丘公式サイト

 

<滋賀農業公園ブルーメの丘>

住所:〒529-1628 滋賀県蒲生郡日野町西大路843

電話:0748-52-2611

営業時間9:30~18:00(季節により異なる)

スポンサードリンク

ブルーメの丘のアスレチックとは?

引用:ブルーメの丘公式サイト

名前は、アルプスジム です。

「アルプスジム」はドイツ製で、3層構造、高さ17mと西日本最大級の規模と自然に調和したデザインを誇り、ドイツ人職人さんが組み立てたようです。

本格的なボルダリングから自転車で一本橋を渡るアトラクション、ユーモラスな休憩所で一休みなど、子どもから大人までを飽きさせない72のステーションを設置しています。また、決まったコースが存在しないため、利用者は自由にクライミング・ステーションを選択することができ、混み合うことがなく効率よく楽しめます。

 

アスレチックジムというと、子供が楽しむイメージでしたが、このアルプスジムは大人が楽しむための本格的なアスレチックジムという雰囲気が伝わってきますよね!見ているだけで、どこに何があるのか探りたくなるような構造です。高さ17mというだけあって、一番高いところのアトラクションはスリル満点そうです!高所恐怖症の方はこんな高いところでは楽しめる余裕がないかもしれませんね。

 

アスレチック料金は?年齢身長制限は?

<アスレチック料金>

アルプスコース:一般(中学生以上)3,000円 小学生2,000円 学割※ 2,500円

キッズコース:一回600円

展望台:お一人様300円

※ 学割対象者 : 中学生~大学生(短大、専門学校生を含む)

アルプスコースとキッズコースの違いについても調べてみました。

 

<アルプスコース>

利用時間は60分です。(安全器具装着、安全講習時間含む)

身長125㎝以上、体重120㎏以下の方がご利用できます。

利用には承諾書の記入が必要です。

未成年の方は保護者のサインも必要です。

140㎝未満の方は、保護者の同伴(有料)が必要です。

ハーネスを装着しての展望台への入場はできません。

<キッズコース>

平均体験時間 : 1回10分

3歳以上、身長100㎝以上140㎝未満、体重40㎏未満の方がご利用できます。

未就学児については保護者の同伴(無料)が必要です。

ハーネスを装着しての展望台への入場はできません。

展望デッキ

3歳から有料となります。

10歳以下の方は保護者の同伴(有料)が必要です。

 

小さなお子様でも楽しめるキッズコースがあるのはとてもいいですね!親子それぞれが楽しめるアスレチック体験ができる施設はあまりないと思うので、いつも見守ってばかりのお父さんでもここなら体を動かして楽しめそうです!

 

駐車場や最寄り駅は? 

<車で行く場合>

名神高速道路 八日市I.C.より約20分

新名神高速道路 甲賀土山I.C.より約25分

蒲生スマートI.C.より約20分(ETC搭載車のみ)

駐車場 収容台数3,000台(大型バス駐車場60台、身障者用駐車場8台)

駐車料金は無料です。

なんと駐車料金無料とはありがたいですね!

<電車で行く場合>

JR近江八幡駅南口→近江バス「北畑口」行きご乗車で約50分→近江バス「幅野町」で下車して徒歩10分

(運賃:JR近江八幡駅南口~幅野町 710円)

近江鉄道・日野駅(上り米原方面・下り貴生川方面)→近江バス「北畑口」行きご乗車で約15分→近江バス「幅野町」で下車して徒歩10分

(運賃:近江鉄道・日野駅~幅野町 340円)

 

まとめ 

いかがでしたでしょうか?

滋賀農業公園ブルーメの丘に2019年3月1日にオープンするドイツ製巨大アスレチック施設「アルプスジム」は西日本初の大型アスレチック施設です。

本格的なボルダリングから自転車で一本橋を渡るアトラクション、ユーモラスな休憩所で一休みなど、子どもから大人までを飽きさせない72のステーションを設置しており、決まったコースが存在しないため、利用者は自由にクライミング・ステーションを選択することができ、渋滞することなく効率よく楽しめるシステムになっているのも魅力の一つです。

大人の方でも小さかった頃に楽しかったアスレチックジムを思い出して、その頃に戻ったかのようなドキドキハラハラ体験ができると思います!ご家族みんなで楽しみに行きたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク



-イベント

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.