日々の気になること、あんなこと、こんなこと。

はんなりこ

人物

須磨寺小池陽人副住職の大学,学歴,経歴は?YouTube法話動画も

投稿日:




須磨寺の小池陽人副住職をご存知ですか?

小池陽人副住職はご自分の法話を動画で配信していて、その法話がとても分かりやすいと評判になっています。

小池陽人副住職のYoutubeチャンネルは話題となり、まさに今どきのお寺のお坊さんなのです。

須磨寺の小池陽人副住職はいったいどこの大学を卒業しているのか、学歴や経歴、また法話の動画も気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

 

須磨寺とは?

須磨寺の正式名称は上野山福祥寺(じょうやさんふくしょうじ)で、古くから「須磨寺」の通称で親しまれてきました。

場所やアクセス方法は下記の通りです。

引用:須磨寺公式サイト

 

<大本山 須磨寺>

住所:〒654-0071 兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4丁目6-8

Tel: 078-731-0416

拝観時間:8:30~17:00

拝観料:無料

アクセス

(徒歩)市バス「天神下」下車北へ12分、JR「須磨駅」下車 北へ12分、山陽、阪神、阪急電車 「須磨寺駅」下車 北へ5分

(車)国道2号線からは、水族園前より北へ、離宮道を上がり左折、旧神明道路を西へ。東方向からは、阪神高速月見山ランプ 旧神明道路を西へ。西方向からは、第2神明高速須磨ランプより離宮公園脇の信号を右折。

駐車場:大型バス5台、普通乗用車30台

拝観料は無料のようです。

無料ですと、気軽に行くことができますね。

スポンサードリンク

須磨寺小池陽人副住職の大学、学歴、経歴は?

須磨寺小池陽人副住職はこちらです。

引用:須磨寺小池陽人副住職Youtube

とても優しそうな方ですね。お顔を見るからにお若そうです。

おいくつなのかも含めてプロフィールを調べてみました。

<須磨寺小池陽人プロフィール>

名前:小池陽人(こいけ ようにん)

年齢:31歳(2018年6月時点)

出身:東京都八王子市

最終学歴:奈良県立大学 地域創造学部 卒業

小池陽人副住職は、高校を卒業するまで東京都八王子市に住んでおられたようです。

大学は奈良県立大学で、地域コミュニティーをどのようにして作っていくのかを研究されました。

大学4年生の時、お母さんの実家である須磨寺で僧侶の道に進むのか、就職するのかで迷われたそうですが、お寺やお坊さんの役割が地域コミュニティーの活性につながることを知り、僧侶の道へと進むことを決めました。

大学卒業と同時に僧侶の修行へと入られ、修行を経て、須磨寺の副住職になられました。

 

須磨寺小池陽人副住職のYoutube法話とは?

小池陽人副住職のYoutubeチャンネルは、

須磨寺小池陽人の随想録

という名前で動画を配信されています。

 

こちらは約1万5千回再生されている法話です。

とても分かりやすくて字幕があるのもいいですね。

 

こちらは約2万4千回再生されている法話です。

動画を見ていると、直接お話を聞いているような感覚になりますね。

 

こちらは約1万回再生されている法話です。

どの法話もだいたい10分程度なので、とても聞きやすいですね。これが30分、1時間以上となると、少し苦痛になってしまうかもしれませんが、短く分かりやすくて聞きやすいというメリットがあります。

 

小池陽人副住職の動画法話は、それを見た若い世代の人が興味を持つだけでなく、年配の方で法話を聞きに行きたいけれど外出が難しい方にも喜ばれているようです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

法話を聞くのには、お寺に直接出向いて聞くというのが当たり前だったのが、昨今のSNSの普及により、家にいても法話を聞くことができる、ありがたいお言葉をいただけるということで、幅広い世代の方から支持されているのが分かりました。

また法話を直接聞くのとは違った、字幕が入ることで分かりやすいということと、同じお話を何度も再生することができて、さらに法話の内容が深く入ってきやすいと感じました。

小池陽人副住職のお話や声のトーンがとても聞きやすいところも、何度も動画が再生されている理由だなぁと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク



-人物

Copyright© はんなりこ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.